診察科目

脳神経外科

一般外来、救急外来ともにCT、MRI等を駆使して迅速・的確に診断、治療にあたります。

発病当初の急性期を脱した後の慢性期においても再発や合併症の予防、生活レベルの維持に努めます。

医師のご紹介

副院長 安河内 靖 医師

<診察方針>
一般外来、救急外来ともに  CT 、 MRI 等を駆使して 迅速・的確に診断、治療にあたります。発病当初の急性期を脱した後の慢性期においても 再発や合併症の予防、生活レベルの維持に努めます。

<プロフィール>
出 身 地 :京都市
卒業大学:福岡大学医学部
専門分野:脳血管障害

当院に受診される方は脳血管障害(脳卒中やその前段階)が多く、このような方は生活習慣病を合併されていることも多々みられます。このような場合には 生活習慣病にたいしても治療・指導を行ない、脳卒中の発症再発予防に努めるよう心がけています。
入院を要する場合、急性期の治療は迅速的確に行ないますが、その後の後遺症が問題となることがしばしばあります。後遺症により 自力での生活が困難または不可能となった時には種々の福祉サービス、介護保険の申請や区分変更などの紹介・説明をします。自宅での生活が無理なときには療養病棟への転入申し込みや他施設への紹介などもおこないます。
今秋より新たな分野として整形外科・運動器疾患研究所と共同で内視鏡を使用しての脊椎外科を始めました。これは従来の方法より手術の傷口が小さく手術後の痛みも少ないという患者さんにとって優しい手術です。今後この分野についても充実させていきたいと考えています。
外来担当医表を見る