診察科目

外科

外科は、手術によって病気やけがを治します。手術は消化器の癌(胃癌、大腸癌、食道癌、肝癌、膵癌、胆道癌など)を中心に肺癌や乳癌などを行っています。これらの癌に対して、手術の経験豊富な専門医が担当させていただきます。このような癌は、手術が治療の中心ではありますが、手術だけでなく、抗癌剤や放射線治療、疼痛コントロールや精神的ケアといった緩和医療など集学的な治療が大変重要となっています。当科でも積極的にチーム医療、集学的治療を推進しています。

当科は癌だけでなく、痔や鼠径ヘルニア(脱腸)、胆石、虫垂炎などの治療も日常的に行っています。このような病気は非常に多くの患者さんがおられ、人知れず悩まれていることもよくあります。

癌で困っている患者さん、癌が心配な患者さん、手術以外の治療法を考えている患者さん、痔や鼠径ヘルニア(脱腸)、胆石、虫垂炎などで悩まれている患者さん、その他一度外科に相談してみようかなと思っている患者さん、当科はいつでも親身にご相談にのります。患者さんにとって最も良い治療を一緒になって考え、納得いくまで説明致しますので、いつでも安心して受診して下さい。

私達の手術の目指すところは完全に治すことと安全に行うことです。これらが満たされたうえで、さらには患者さんにとってできるだけ負担の少ない手術を心がけます。そのため私達が積極的に取り組んでいる一つに、腹腔鏡の手術があります。胃癌や大腸癌、虫垂炎や胆石などで腹腔鏡手術を積極的に行っています。

当科は京都府立医科大学の関連病院として、また京都第一赤十字病院、京都第二赤十字病院などの大病院などとも密接に連携を持っています。また、患者さんがかかりつけの開業医の先生、これからかかりたいと思っている開業医の先生方とも密接に連携を持ち、一緒に力を合わせて患者さんのために進んでいきたいと考えています。

医師のご紹介

外科部長 濵田 拓男 医師

<診察方針>
外科では消化器、呼吸器等の悪性疾患だけでなく、外傷、肛門疾患、ヘルニア、炎症、胆石症、気胸等の良性疾患まで広範囲の疾患に対して、再診の専門知識と技術で治療にあたっています。また、身体への負担の少ない腹腔鏡下手術も積極的に取組んでおり、最新の手術機械を完備しています。

<プロフィール>
出身地:大阪府
卒業大学:京都府立医科大学
専門分野:外科
略 歴:京都府立医科大学付属病院外科研修医
    京都府済生会病院 外科医長
    京都府立医科大学付属病院 消化器外科修練医
    明治国際医療大学付属病院 外科学教授
    舞鶴医療センター 外科医員
    舞鶴赤十字病院 外科副部長
資 格:外科専門

患者さん目線で良質な医療の提供を心掛けています。
外来担当医表を見る