診察科目

消化器外科

人は物を食べるとそれを消化・吸収して、残りを排泄します。その過程で胃や腸・肝臓などのの消化器がそれぞれ大切な役割を行っております。その消化器の病気を発見・治療するのが、消化器科です。具体的には、食道・胃・十二指腸・小腸・大腸の消化管と肝臓・膵臓・胆嚢の病気を扱います。

消化器の病気の診断には、腹部超音波検査・腹部CT検査や内視鏡検査(胃や大腸のカメラ)などを行います。これらの検査には一部苦痛を伴う検査もありますが、当院では確実な診断を行いつつ、出来るだけ患者様に苦痛をあたえないように努力しております。

次に治療に関してですが、大きくは内科的治療(内服治療など)と外科的治療(手術など)に分かれます。ただ、最近はこの境界線が不明瞭になってきております。例えば、以前なら開腹手術をしていた早期胃癌の一部に対し、最近では内視鏡(カメラ)により切除・剥離する方法が普及してきました。当院では、内科と外科の医師は一つのチームとなって、カンファレンスなどで検討しながら、治療方針を決めております。

“お腹が痛い”“肝臓が悪いと言われた”など消化器に関するご相談は、下記のスタッフまでお願いします。

外来担当医表を見る