外科

私達、病院薬剤師が普段病院の中でどのような仕事をしているのか、ご存知ですか?

皆さんが普段目にしているのは、調剤、薬の説明のような姿ではないでしょうか。私達は、病院の中で使われる全ての「薬」について安全で効果的に使用されるように関与しています。

薬を通して、患者さんがより安心して医療を受けられるように、そして1日でも早く回復出来るように、責任を持って仕事をしています。

これらの仕事は、より安心の出来る医療を提供する上で、欠くことのできない重要な仕事です。他にも病院薬剤師は、多くの仕事を行っています。

<調剤>

錠剤、カプセル、水薬、粉薬の調合、外用薬、注射薬の調剤

調剤の時、薬の量や使い方、あるいは飲み合わせや副作用の有無などで疑問があれば確認を行います。

また、一緒に混ぜてはいけない注射薬の確認、投与ルートの確認も行っています。

薬剤師には、独自の立場で薬の安全性や有効性を確保する役目があります。



<薬の説明>

入院患者さんに対し、主に病棟で、薬の使い方や有効性、注意すべき副作用、飲み合わせの悪い薬や食事があるかなどを説明しています。

また、患者さんの話からだけでなく、検査データやカルテなどを確認することによって薬が効いているか、副作用が出ていないかなどもチェックします。

また、患者さんが最も適した薬物療法が受けられるよう、他のスタッフ(医師・看護師など)と話し合っています。(カンファレンス)



<薬の管理>

使用される全ての医薬品の購入、在庫、供給、品質を管理しています。

麻薬、毒薬などの特別な薬も含め、それぞれの薬の特性に合わせた管理を行っています。



<医薬品情報の管理>

用法(使用方法)や、用量(必要量)だけでなく、禁忌(その医薬品を使用してはいけない条件)、相互作用(その医薬品と他の医薬品との間で発生する様々な有害な現象)、副作用についての情報は、製造医薬品メーカーや厚生労働省が収集し医療機関に伝達されます。これらの情報を整理し、必要時に迅速的確に医師をはじめとする医療従事者に提供しています。


<チーム医療と薬剤師>

医療安全対策や、感染や褥瘡の予防などにおいても薬剤師の立場で貢献しています。各種委員会へも参加しています。



<次世代の薬剤師の育成>

年間3期にわたって薬学部の学生を受け入れています。



<その他>

1 特定の薬物については、安全かつ効果的に使用するために、薬物の血中濃度を測定
  して個々の患者さんに適した投与量や投与スケジュールを決定しています。
  (TDM)

2 学会や研究会に参加し、知識向上に努めています。





<がん化学療法レジメン公開について>

※保険医療機関及び保険薬局の皆様へ
下記「登録レジメン一覧」にて当院レジメンを公開しております。
来局された当院化学療法施行患者さんへの薬剤管理指導や有害事象のモニタリングにご活用ください。
公開するレジメンは標準的なものであり、患者さんの状態等によって投与量・投与スケジュール等は変更されることがあります。
なお、レジメンに関するお問い合わせは、薬剤科 0774-33-7441(9:00〜17:00)までご連絡下さい。

登録レジメン一覧

がん種 レジメン名 更新日
大腸がん  CPT-11+ベクティビックス 2021/1
 FOLFIRI 2021/1
 FOLFIRI+アバスチン 2021/1
 FOLFIRI+ベクティビックス 2021/1
 FOLFIRI+ザルトラップ 2021/1
 m-FOLFOX6 2021/1
 m-FOLFOX6+アバスチン 2021/1
 m-FOLFOX6+ベクティビックス 2021/1
 XELOX 2021/1
 XELOX+アバスチン 2021/1
胃がん  CPT-11単独療法 2021/1
 TS-1+CDDP 2021/1
 サイラムザ単独 2021/1
 サイラムザ+PTX 2021/1
 サイラムザ+nab-PTX 2021/1
 オプジーボ 2021/1
膵がん  GEM 2021/1
 GEM+TS-1 2021/1
胆道がん  CDDP+GEM 2021/1
 GEM+TS-1 2021/1

外来担当医表を見る