診察科目

医療保険によるリハビリテーション

入院中のリハビリテーション(一般病棟・回復期リハビリ病棟)

主治医の指示のもと、理学療法、作業療法、言語聴覚療法、温熱療法、牽引療法等を行います。 心身機能の向上や日常生活が自立できるよう、退院へ向けたリハビリテーションを実施します。 退院後は外来リハビリテーション、訪問リハビリテーション、通所リハビリテーションにより フォローさせて頂いております。

リハビリテーション室

回復期リハビリテーション病棟は、特に脳血管疾患の発症や下肢の骨折等を受傷したことにより 急性期での手術や薬による治療を受け、症状が安定してきた発症後1~2か月の回復期にある患者様に対して、 リハビリテーションを集中的に提供する病棟です。ここでは退院に向け主治医の指示のもと 毎日(40分以上、最大3時間)リハビリテーションを実施します。

回復期リハビリテーション病棟 専従担当者

地域包括ケア病棟は、内科・外科等の急性期治療を終えた患者様や、何らかの疾患で在宅復帰が難しい患者様がご入院されています。ここでも退院、在宅復帰へ向け主治医の指示のもと1日平均40分以上のリハビリテーションを実施します。


外来通院でのリハビリテーション

主治医の指示のもとご通院いただき、理学療法、作業療法、言語聴覚療法、温熱療法、牽引療法等を行います。
心身機能の向上や日常生活が自立できるよう、リハビリテーションを実施します。

※医療保険によるリハビリテーションには標準的算定日数が定められており、ケガや病気をされてから
 一定の期間が過ぎると、医療保険でのリハビリテーションから介護保険でのリハビリテーション
 (訪問リハまたは通所リハ)への移行が勧められています。
※当院は脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅱ、運動器リハビリテーション料Ⅰを算定しております。



介護保険によるリハビリテーション

訪問リハビリテーション

ケアマネージャーの作成するプランに基づき、ご自宅で利用するサービスです。 主治医の指示や意見のもと、担当のリハビリテーションスタッフ(理学療法士または作業療法士)がご自宅を訪問し、 利用者様の心身機能の維持や向上を図り、日常生活の自立を助けるためにリハビリテーションを行います。
※実施範囲(地域)が限られておりますので、お問い合わせ下さい。

訪問リハビリテーション 担当者

通所リハビリテーション(デイケア)

ケアマネージャーの作成するプランに基づき、通所(通い)にて利用するサービスです。
主治医の指示や意見のもと、利用者様の心身機能の維持や向上を図り、日常生活の自立を助けるために、
院内の通所リハビリテーション室にてリハビリテーションを行います。

通所リハビリテーション 担当者

※当院の通所リハビリテーションの特徴

①1時間以上2時間未満の短時間のサービスです。
②担当のリハビリテーションスタッフ
 (理学療法士または作業療法士)が個別(1対1)の
 リハビリテーションを行うことを重視しております。
③リハビリテーション以外の入浴や食事はありません。
※送迎範囲(地域)が限られておりますので、
お問い合わせ下さい。

通所リハビリテーション室
外来担当医表を見る