診察科目

放射線科

放射線科は画像診断を通じて、他科の診療・治癒の支援をさせていただいている診療科と言えるでしょう。

放射線科では、各科からの多技にわたる高度な要望に応えるべく、さまざまな装置が稼動しています。

全身のレントゲン写真を撮影する一般撮影装置、断層撮影装置、胃の健診などでおなじみのX線透視装置は、神経根ブロックや内視鏡による検査や治療でも役立っています。
全身の断層画像を詳細かつスピーディに撮影できるマルチスライスCT装置、診断やカテーテルによる治療も行うことができる血管撮影装置、磁気を用いて全身の断面を撮影するMRI装置などで構成されています。

当院ではすべての画像診断装置がデジタル化しており、詳細な画像の提供はもちろんのこと、PACSによる電子画像管理を実施しております。

MRI装置はオープン型のタイプが導入されています。オープン型MRI装置は一般に普及しているトンネル型とは異なり、横が広く開いており開放的なことから、閉所が苦手な患者様にも安心して検査を受けていただけます。

検査で得られた画像は、放射線科専門医が診断を行い、画像所見の提供を通じて、各診療科の先生方の支援をさせていただいております。

外来担当医表を見る